2018フジサンケイレディスクラシック 最終日

   

◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 最終日(22日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6376yd(パー71)
22歳の永峰咲希が菊地絵理香をプレーオフで破ってツアー初優勝を挙げた。2014年にプロテストに合格後、初のタイトルを獲得した。首位と3打差5位で出た永峰は「66」で回って通算10アンダー。「65」でプレーした菊地とのプレーオフ(18番の繰り返し)の2ホール目でパーを拾った。同ホールで菊地が2mのパーパット外し、勝負が決した。首位タイから出た上田桃子は「71」と伸ばせず、松森杏佳と並ぶ通算8アンダーの3位に終わった。3アンダー10位から出た勝みなみは「67」で回り、青木瀬令奈と並んで通算7アンダーの5位。勝は6バーディを奪い一時首位と1打差に迫ったが、終盤17番(パー3)でダブルボギーを喫した。首位タイから出た成田美寿々は通算6アンダーで葭葉ルミ、権藤可恋、ジョン・ジェウン(韓国)と並んで7位になった。

@永峰咲希選手、ツアー初優勝オメデトン!

じっくり見るのは初めてだけど、ほとんど隙の無いスイングだね。これだと曲がらないわ。
18番の3パットは新人ならでわのご愛嬌だな。勝ったからよかったわ(笑)

成田は初日の感じだと独走するんじゃないかと思ったけど伸びなかったな。

上田も勝なんかもそうだけど、各選手ショートパットをヒョロっと外してたね。これは高麗芝特有の芝目の影響なんだね。海が近いから特にキツくなるんだな。自信もって打ってコレやると精神的ダメージがけっこうあって、しっかり打てなくなっちゃったりするのかもしれないね。永峰はそれが他選手より少なかったとも言えますね。
永峰にはこれを踏み台にもっと勝って盛り上げて欲しいと思います。

それでは次週サイバーエージェントで!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。