2019ニッポンハムレディスクラシック 最終日

   

◇国内女子◇ニッポンハムレディスクラシック 最終日(14日)◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇ 6602yd(パー72)
首位に1打差の3位から出たS.ランクン(タイ)が5バーディ、ボギーなしの「67」でプレーし、通算15アンダーでツアー初優勝を飾った。今季から日本ツアーに加わった19歳が、参戦1年目で初タイトルを手にした。通算12アンダーの2位に稲見萌寧と首位スタートの河本結。同じく首位から出た岡山絵里は、笠りつ子、ジョン・ジェウン(韓国)と並んで通算11アンダーの4位で終えた。前週「資生堂アネッサレディス」でツアー2勝目を飾った渋野日向子は通算10アンダーの7位。首位を2打差で追ったイ・ボミ(韓国)は「72」と伸ばせず、三ヶ島かな、永峰咲希と並んで通算9アンダーの8位に終わった。アン・シネ(韓国)は通算7アンダーとし、今季ベストの13位で終えた。

@S.ランクン選手、ツアー初優勝オメデトン!ついでにpingもオメデトン!B-Classい~な~♪

へえ、19歳かよ若いな。タイの女の子らしい笑顔がチャーミングな選手だね。
スイングもオーソドックスでムダが無く世界水準に達してるんで、今後もちょくちょく優勝争いするんじゃないかな。

河本結は最終日にやっぱり失速するというか伸びないんだよな。こういう試合で揉まれて行くしかないのかな。

稲見萌寧は初めて見たけど、しっかりしたインパクトのフェードを打つね。今後期待が持てそうだよ。

イボミは体重が少し増えてから調子出てきた感じだね。絞り過ぎて体力落ちてたんだな。

来週はサマンサタバサやん♪ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。