2020-21ザ・RSMクラシック 最終日

   

◇米国男子◇ザ・RSMクラシック 最終日(22日)◇シーアイランド・リゾート シーサイドコース(ジョージア州)◇7005yd(パー70)

「63」をマークしたケビン・キズナーと首位で出たロバート・ストレブが通算19アンダーで並び、プレーオフに入った。2ホール目をバーディとしたストレブが競り勝ち、2015年以来となるツアー2勝目を遂げた。18アンダー3位にこの日のベスト「62」をたたき出したキャメロン・トリンガーリ。アンドリュー・ランドリーとベルント・ヴィースベルガー(オーストリア)が17アンダーの4位。同じく「62」のハリス・イングリッシュ、ザック・ジョンソンら4人が16アンダー6位で終えた。ツアーは1週間のオープンウィークを挟み、12月3日開幕の「マヤコバゴルフクラシック」(メキシコ/エル・カマレオンGC)が年内最終戦となる。

@ロバート・ストレブ選手、ツアー2勝目オメデトン!ついでにタイトもオメデトン!

この大会はゲンがイイみたいね、残業した甲斐があったわ。昨日の石坂みたいになるのかと思ったらベタピンで決めちゃったな、GJ!

キスナーはプレーオフが鬼門だね。5回やって全部負けはちょっとないな。
スイングは相変わらずシュアなんでまだまだ楽しませてくれるかな。

次回は楽しいマヤコバね♪ではまたね~!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。