2021ウィンダム選手権 最終日

   

◇米国男子◇ウィンダム選手権 最終日(15日)◇セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)◇7131yd(パー70)

ケビン・キズナーがツアー記録に並ぶ6人のプレーオフを制し、レギュラーシーズン最終戦のタイトルをつかんだ。4打差3位から6バーディ、2ボギーの「66」で回り、通算15アンダーでホールアウト。ケビン・ナ、ブランデン・グレース(南アフリカ)、キム・シウー(韓国)、アダム・スコット(オーストラリア)、ロジャー・スローン(カナダ)と6人によるプレーオフにもつれた。1ホール目でスコットが1.3mのバーディパットを決められず、全員がパー。再び18番をプレーした2ホール目、チャンスをものにしたキズナーがただ一人バーディを奪った。2019年「WGCデルテクノロジーズマッチプレー」以来となるツアー通算4勝目。プレーオフはキャリア6度目で初勝利だった。

 

初日から首位を守ってきたラッセル・ヘンリーは最終18番のボギーでプレーオフに残れず、ウェブ・シンプソン、ケビン・ストリールマンと同じ14アンダー7位。ジャスティン・ローズ(イングランド)は13アンダー10位タイでフィニッシュしたが、フェデックスカップランキングは126位までしか上がらず、2007年にスタートしたプレーオフシリーズ進出を初めて逃す結果となった。2位惜敗のスローン、12アンダー15位のチェッソン・ハドリーとスコット・ピアシーが圏外からプレーオフシリーズに滑り込んだ。ハドリーは前半16番(パー3)でエースを達成するなど、この日のベストスコア「62」をたたき出してポイントランク125位と最後の1枠に入った。

ケビン・キズナー選手、ツアー通算4勝目オメデトン!ついでにキャロもオメデトン!

プレーオフは6回やって初勝利なんだけど、前回の優勝はデルマッチプレーっていうのが笑えるよね。ここんとこ優勝争いになかなか絡んでこなかったんで、なにかしらの不調か単純に年齢的なものなのか判らないけど、こういう名選手には長く活躍して欲しいよね。相変わらず俳優バリのイケメンも健在だしね。

来週はニュージャージーね。ではまたね~!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。