2018ブリヂストンオープン 最終日

   

◇国内男子◇ブリヂストンオープンゴルフトーナメント 最終日(21日)◇袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉)◇7119yd(パー71)
首位と1打差の3位から出た今平周吾が7バーディ、2ボギーの「66」でプレーし、通算16アンダーとして昨年5月の「関西オープン」以来となるツアー2勝目を挙げた。上がり3ホールをバーディで締め、逆転勝利を手繰り寄せた。首位から出た川村昌弘は「68」とし、1打差の15アンダー2位で終えた。通算13アンダーの3位にセン世昌(台湾)。石川遼は4バーディ、2ボギーの「69」でプレーし、通算11アンダーの4位で堀川未来夢、イ・サンヒ(韓国)と並んだ。前年覇者の時松隆光は通算6アンダー15位。前週「日本オープン」を制した稲森佑貴は通算4アンダー22位で終えた。

@今平周吾選手、ツアー2勝目オメデトン!ついでにYAMAHAもオメデトン!

うっわ~、川村カワイソ(汗)半分くらい優勝スピーチ考えてただろ(汗)

何と言っても今平の17番バーディがデカかったな。で、川村ボギーで大逆転とかワロタ(笑)
ここは川村は絶対パーにしとかなきゃダメなんだよな。

18番の今平のサンドショットも抜群だったね。これも決め手の一打と言ってもいいだろね。

もう川村、今日の事はすぐ忘れて次頑張れよな、次絶対あるからさ。

ではまたね~!

 

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。