2018インスペリティインヴィテーショナル 最終日

   

米チャンピオンズツアーのインスペリティ招待(現地時間6日/テキサス州 ザ・ウッドランズCC)最終ラウンドが終了。ベルンハルト・ランガー(独)が5バーディ、3ボギーの「70」で回り、通算11アンダーで完全優勝。今季1勝目、ツアー通算37勝目を手にした。通算10アンダー2位タイにポール・ゴイドス(米)、ジェフ・マガート(米)、バート・ブライアント(米)、通算9アンダー5位タイにデビッド・フロスト(南ア)、ブラント・ジョーブ(米)、トム・レーマン(米)、トム・パーニスJr.(米)、ケニー・ペリー(米)が続く。ミゲール・A・ヒメネス(スペイン)は通算8アンダー10位タイ、連覇を狙ったジョン・デイリー(米)は途中棄権となった。

@ベルンハルト・ランガー選手、今季1勝目オメデトン!

チャンピオンズツアーは初めて書くのかな。もう懐かしい顔ぶれ満載だね♪

人間も体も丸くなっていくなあ皆さん(笑)

その中で、全盛期と変わらない風貌のランガーはひときわカッコイイね。

最後18番でティショットを右に曲げてヒヤっとしたけど、上手く救済を使ってナイスパーで優勝でした。
曲がった原因はダウンで右肩が下がってクラブが下から入ったからですね。疲れてたのかもね。

こういった試合もTV中継をドンドンやって欲しいな。

ではまた!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。