2018AT&Tバイロン・ネルソン選手権 最終日

   

◇米国男子◇AT&Tバイロン・ネルソン 最終日(20日)◇トリニティフォレストGC(テキサス州)◇7380yd(パー71)
21歳のアーロン・ワイズがツアー初優勝を飾った。大雨の影響で予定より4時間遅れでティオフし、6バーディ、ノーボギーの「65」をマーク。通算23アンダーとして、ともに首位タイから出たマーク・レイシュマン(オーストラリア)に3打差をつけて勝利した。ワイズは昨年、下部ウェブドットコムツアーで1勝を挙げ、今季からPGAツアーに本格参戦したルーキー。初勝利をキャリア26試合目で奪った。レイシュマンは通算20アンダーの単独2位。ブランデン・グレース(南アフリカ)、J.J.スポーンキース・ミッチェルが19アンダー3位で並んだ。7アンダー29位から出た松山英樹は6バーディ、1ボギーの「66」をマークし、通算12アンダーの16位で終了。ジョーダン・スピースは11アンダー21位でフィニッシュした。

@可愛いワイズやった~♪ツアー初優勝オメデトン!堂々の逃げ切り勝利でした。

パチンコで言うと午前中大連ちゃんで午後は行ってこいみたいなプレーだったね。

軸が安定してるし、回転力がスゴイからよく飛ぶし曲がらないわ。

でも優勝が見えて来てるからほとんど可愛い笑顔が見れなくて残念でした。
ワイズは3位タイぐらいがかわゆくていいかもね(笑)

次回はフォートワース招待で♪ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。