2018ザ・メモリアルトーナメント 最終日

   

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 最終日(3日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7392yd(パー72)
ブライソン・デシャンボーが通算15アンダーで並んだアン・ビョンフン(韓国)、カイル・スタンリーとのプレーオフを制し今季初優勝を挙げた。昨季「ジョンディアクラシック」以来のツアー通算2勝目になった。単独首位で出たデシャンボーは最終18番で3パットのボギーを喫し、土壇場で後続に並ばれた。18番で行われたプレーオフ1ホール目にボギーとしたスタンリーが脱落すると、2ホール目にデシャンボーがバーディを奪い、アンを退けた。1打差の通算14アンダー4位にパトリック・カントレー、13アンダーの5位にピーター・ユーラインが続いた。ジャスティン・ローズ(イングランド)、19歳のホアキン・ニーマン(チリ)が6位タイだった。首位と5打差の7位で出た2014年大会覇者の松山英樹は4バーディ、3ボギーの「71」にとどまり、通算10アンダーの13位タイに終わった。同じく7位タイで出たタイガー・ウッズは「72」とし、9アンダーの23位タイ。宮里優作は「76」と落とし通算2オーバーの70位タイだった。

@デシャンボー選手、ツアー2勝目オメデトン!

アイアン全部同じ長さでよくやれるよな。ウェッジとかやりずらいよなあ普通。全番手同じ空間をヘッドを行き来させたいんだろね。


まあ華の無い退屈な試合だったな。丸山プロがスロープレーを指摘してたけど、ホントそうだね。

ダッラダッラやってると子供とか寝ちゃうぞおまいら(笑)

ニクラスだいぶお爺ちゃんになったけどお元気でね♪


ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。