2018NEC軽井沢72ゴルフトーナメント  最終日

   

◇国内女子◇NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日(12日)◇軽井沢72ゴルフ北コース (長野県)◇6655yd(パー72)
6打差の首位から出た黄アルム(韓国)が「69」で回り、通算17アンダーとして逃げ切りで優勝した。9季ぶりに優勝した7月「大東建託・いい部屋ネットレディス」に続く今季2勝目を挙げた。2打差の2位に申ジエ(韓国)。8バーディ、ボギーなしの「64」で回った松田鈴英が通算14アンダーとし、自己最高の3位で終えた。通算12アンダーの4位に永峰咲希、通算11アンダーの5位で李知姫(韓国)とテレサ・ルー(台湾)が続いた。前年覇者の比嘉真美子は通算8アンダーの11位だった。

@黄アルム選手、今季2勝目オメデトン!

なんだよなんだよ、9年大ハマリの後2連ちゃん確率変動かよ(笑)
やっぱ豊満ポチャは涼しい軽井沢が合ってるな。まあスイングもいいけどね。

1番は無理してキンコンやってたらこうは行かなかったかもだぞ。
これで一気に金持ちセレブじゃん、骨付きカルビ食いたいなっと(笑)

追い上げた松田は正統派美人だな、ツアーじゃ一番和服が似合うの確定。

ちょっと目を引いたのは原英莉花のスイングね。ダウン以降は外人のソレだわ。経験積んだら賞金女王あるな。

さてさて女子ツアーも佳境に入って更に楽しみですね♪

ではまた!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。