2019ヨコハマタイヤPRGRレディス 最終日

   

◇国内女子◇ヨコハマタイヤPRGRレディス 最終日(17日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)
2年ぶり2度目の賞金女王を目指す鈴木愛が2打差3位から出て5バーディ、1ボギーの「68」でプレー。通算9アンダーで逆転し、ツアー10勝目となる今季初優勝を飾った。後続に3打差をつけて迎えた18番で、2打目をピン上2mにつけ、これを沈めてダメ押しのバーディ。最終組のホールアウトを待たず、昨年6月の「ニチレイレディス」以来となる勝利を決めた。徳島県出身の鈴木は優勝スピーチで「10勝目という節目で、初めて四国で勝ててとてもうれしい。開幕戦を予選落ちしてゴルフが嫌になったが、来週からまた頑張れそうです」と喜んだ。大会は2012年から昨年まで7年続けてプレーオフに突入していたが、10年以来(11年は東日本大震災で競技不成立)9年ぶりに54ホールで決着した。4打差の通算5アンダー2位に葭葉ルミ。通算4アンダーの3位に福田真未、岡山絵里、イ・ミニョン(韓国)が続いた。

@鈴木愛選手、今季初優勝オメデトン!ついでにピンもオメデトン!

17番はよくグリーン奥のバンカーからパーセーブしたな。これが勝利を決定的にしたね。

手首も治った感じだし、今年も稼ぐのかよ(笑)

有子はバイトしてるし(笑)

大城はズルズル落ちちゃったな。こういうアップダウンが激しいコースは風が吹くと明暗分かれるね。
グリーンもコンディション良好なんだけど、これだけ芝の模様が入り乱れてると錯覚するんだよな。

参加選手はお疲れちゃん、カツオでも食べて帰ってきてね♪

ではまた!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。