2021ZOZOチャンピオンシップ 最終日

   

◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 最終日(24日)◇アコーディア・ゴルフ習志野CC (千葉県)◇7041yd(パー70)

1打差の単独首位から出た松山英樹が2イーグル3バーディ、2ボギーの「65」で回って通算15アンダーとし、2位に5打差をつけて米ツアー7勝目を飾った。日本で開催された2度目(昨年は米国開催)の米ツアーで、初めての日本人優勝者が誕生。松山にとっては4月「マスターズ」以来の優勝となった。優勝インタビューで「最後のセカンドを打つまではどうなるか分からなかったので、本当にうれしいと思う。状態は上がっていないが、これだけたくさんの方々が応援してくれるおかげでそれ(状態)が勝手に上がってきたという感じ」と喜んだ。習志野CCで開催された2019年大会では、タイガー・ウッズと優勝争いを繰り広げて3打差の2位。マスターズチャンピオンとして凱旋した今年、見事に頂点をつかみとった。松山にとって日本国内での優勝は、2016年「三井住友VISA太平洋マスターズ」以来5年ぶり。通算10アンダーで2位となったのはキャメロン・トリンガーリとブレンダン・スティールの2人。トミー・フリートウッド(イングランド)とコリン・モリカワは通算5アンダー7位、リッキー・ファウラーは通算3オーバー44位とした。日本勢上位は、最終日に「66」をマークした金谷拓実が通算5アンダー7位。通算2アンダーの18位に今平周吾と岩田寛、通算イーブンパーの28位にアマチュアの中島啓太と、最終日に「63」で回った中西直人が入った。

松山英樹選手、米ツアー7勝目オメデトン!ついでにスリクソンもオメデトン!

18番の5ウッドでのピンハイデッドオンは圧巻過ぎるだろ(拍手!)
で、それを入れてイーグルのオーバーキルはカッコ良過ぎだな。さすがマスターズチャンプっていう風格が感じられるね。

トリンガーリ以下後続の選手も健闘したけど、やっぱり他国の慣れない条件というハンデはあるものの、松山の強さに脱帽って感じでしたね。

今日は秋晴れっていうの、日本晴れ?まあどっちでもいいんだろうけど素晴らしく清々しいお天気だったね。こんだけの気持ちいい晴天はカリフォルニアのナイス天気の日に匹敵するだろね。せっかく遠路はるばる来た米国ツアーの選手も好コースコンディションと合わせて楽しんで貰えたと思いますね。青木JGTO会長の挨拶も楽しくてよかったです♪

次回はバミューダ選手権なのかな。ではまた!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。