2021マイナビABC 最終日

   

◇国内男子◇マイナビABCチャンピオンシップ 最終日(7日)◇ABC GC(兵庫)◇7217yd(パー72)

首位に1打差の3位から出た浅地洋佑が7バーディ、3ボギーの「68」でプレー、通算16アンダーとし、逆転で今季初優勝を挙げた。2019年「ANAオープン」以来のツアー通算3勝目。首位から並んで出た石坂友宏と堀川未来夢は終盤までトップと並走するも2打差の2位に終わった。大会4勝の片山晋呉が17位から「67」をマークし、通算13アンダー4位に入った。稲森佑貴と杉山知靖が12アンダー5位。3打差を追って8位から出た金谷拓実は最終18番で池につかまり「71」で終え、スコット・ビンセント(ジンバブエ)、谷原秀人らと並んで通算11アンダー7位だった。

@浅地洋祐選手、3年ぶりの3勝目オメデトン!ついでにオノフもオメデトン!ノートe-powerい~な~♪

1打差に10数名ひしめく大混戦大会だったけど、浅地が17、18番のスーパープレイで抜け出ての会心の勝利でしたね。特に17番ミドルの左ラフからのスタイミーショットを2ピンに乗っけてのバーディは鳥肌モノだったな。ここでボギーにしちゃうとかなり敗色濃厚だったから起死回生だね。

1打ビハインドの石坂と堀川は18番ティショットで左バンカーに入れた時点でほぼほぼオワコンに近かったね。ここは2オンイーグル狙いが要求されるシチュエーションだけに痛いバン入でした。

来週は住友VISAね。ではまた!

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。