2021ワールドワイドテクノロジー選手権atマヤコバ 最終日

      2021/11/10

◇米国男子◇ワールドワイドテクノロジー選手権atマヤコバ 最終日(7日)◇エル・カマレオンGC(メキシコ)◇パー71(7017yd)

単独首位で出た前年覇者のビクトル・ホブラン(ノルウェー)が6バーディ、2ボギーの「67」でプレーし、通算23アンダーとして大会連覇を遂げた。後続に4打差の圧勝で、ツアー通算3勝目を飾った。地元メキシコのカルロス・オルティスが通算19アンダー2位。ジャスティン・トーマスが18アンダー3位で続いた。通算17アンダー4位にスコッティ・シェフラー。マシュー・ウルフとホアキン・ニーマン(チリ)が16アンダー5位で終えた。

ビクトル・ホブランド選手、大会連覇オメデトン!ついでにピンもオメデトン!

過去には女子のソレンスタムとか北欧の選手も強いの居るけど、男子はホブランドが断トツで赤丸急上昇で強くなったっていうか、もはや超一流グループに入ってる感じだね。もうほぼほぼ一人旅なもんだから、気がゆるんでトーシロでもやらないようなチャックリとかカマしててワロタよ((笑)

去年までマヤコバ選手権って風に、なんか怪しいメヒコの秘密リゾートゲームのイメージだったんだけど、スポンサーが変わるとそれなりになってて逆にちょっと寂しい感じもあるね。ま、コースは変わらないから、まいっか。

来週はヒューストンオープンです、アストロズ残念だったね。

ではまたね~!

 

 

 

 

 

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。