2018CIMBクラシック 最終日

   

◇米国男子◇CIMBクラシック 最終日(14日)◇TPCクアラルンプール(マレーシア)◇7005yd(パー72)
3人が並んだ首位から出たマーク・レイシュマン(オーストラリア)が8バーディ、1ボギーの「65」で回り、大会最多アンダーパーに並ぶ通算26アンダーとして今季初勝利を飾った。「アーノルド・パーマー招待」、「BMW選手権」で優勝した2016-17シーズン以来2シーズンぶりとなるツアー通算4勝目。5打差の通算21アンダー2位タイにエミリアノ・グリジョ(アルゼンチン)、チェッソン・ハドリー、ブロンソン・バーグーンが入った。首位でスタートしたゲーリー・ウッドランドは「71」で回り20アンダー5位タイに後退。世界ランキング4位のジャスティン・トーマスも、2年ぶりとなる大会3勝目を逃したが、「64」をマークして5位で終えた。同じくトップタイから出たシュバンカー・シャルマ(インド)は「72」とスコアを伸ばせず、通算19アンダーで10位タイに順位を下げた。日本勢でただ一人出場した小平智は6バーディ、4ボギーの「70」で回り、通算9アンダーの43位タイだった。

@マーク・レイシュマン選手、2シーズンぶりのツアー通算4勝目オメデトン!

2番からの4連続&10番11番の連続バーディで後続は追いつけなくなっちゃったな。
んで18番トドメのバーディ鬼過ぎワロいました(笑)
レイシュマンくんはけっこうムサくるしいと思うのよね。なので超カラフルなウェアとか着るともっと人気出るかもしれないと言ってみるテスト。

この寒い時期は熱帯アジア巡業ってわけね。お祈りBGMめっさワロタwこれやりにくくね?w
でもまあご当地のカラーを楽しめるっちゃ楽しめるわけだけどね♪
あと2戦をアジアなのでどんなかな?(汗)

ではまたね~!

 - プロツアー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。