2018全米オープンテニス 女子シングルス決勝

   

大坂なおみが全米オープンテニスで優勝。8日(現地時間)、セリーナ・ウィリアムズを6-2、6-4で破り、4大大会で初優勝を飾った。だが大坂の4大大会初優勝は、第2セット、主審がセリーナに大きなペナルティーを科したため少し議論を呼ぶ展開となった。4-3で迎えた第2セットの第8ゲーム、大坂のサーブで始まるゲームの前にセリーナは主審からこの日3度目となる警告を受け、ゲームが大坂に与えられて、5-3となった。大坂は次のサーブをキープし、初優勝を飾った。この展開に会場は異様な雰囲気に包まれ、表彰式が始まっても観客席からブーイングが起きた。セリーナのファンは、常に全力でプレーしてきた偉大な選手がこのような形で負けたことが不満のようだった。だがセリーナは素晴らしいスポーツマンシップを見せた。観客にブーイングをやめ、大坂の勝利を祝福するよう呼びかけた。そして大坂を抱きしめた。

@大坂なおみ選手、メジャー初制覇オメデトン!

ゴルフだと松山がマスターズに勝ったぐらいの価値はあるのかな。
これ国民栄誉賞はガチで貰えるだろうね。

なんか名前だけ聞くと演歌歌手っぽいんだけど、風貌はアメリカのティーンエイジャーだね。

強敵セリーナとの対戦だけど勝ったことあるのか気後れしてなかったね。

大舞台でよくやりました、あっぱれ!

ではまた!

 - スポーツ一般

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。